実行委員長あいさつ

 昨年、未曾有の大震災に見舞われた日本。その復興の過程の中、改めて人と人の繋がりや、絆の大切さが注目されています。原発事故の影響や、まだ出口の見えない経済状況の中ではありますが、日本人として思いやりの気持ちや強い絆を忘れず一体となり、活動を続けて行けば、必ず復興への道は力強く切り開かれると確信しております。

 さて、今回で第19回目を迎えます「うらじゃ」では、テーマを“真(しん) 〜こころ晴れ晴れおかやま魂〜”とさせていただき、岡山の夏を盛り上げて参りたいと思います。20回の節目へ向けて、改めて「真のまつりとは何か、真の絆とは何か」を、岡山のまちづくりを考える一人として真剣に考え、設営して参ります。脈々と受け継がれてきた「うらじゃ」の歴史を紐解き、これから先のまつりのあり方を考え、本当に岡山の「まち」と「ひと」に必要とされるべく進化させて参ります。その中で、参加される踊り連の方々や設営に関わる全てのスタッフ、また県内外から「うらじゃ」を観に来られる一般の方々全員に真の絆が生まれ、今後の岡山を創るための礎となる様、一生懸命頑張って参ります。

 昨年は145の踊り連で6,850人、ボランティア参加者数820人、観客数50万人という規模で開催された「うらじゃ」。本年もよりまつりを成長させ大成功に導くためにも、皆様方のご理解とご協力、そしてご支援を賜りますようお願い申し上げ、実行委員長のご挨拶とさせていただきます。

第19回うらじゃ実行委員会
実行委員長 平野 彰一

  • #
  • shinko_bnr152-40.gif
  • shinko_bnr152-40.gif
  • スタッフ掲示板
  • shinko_bnr152-40.gif
  • 第18回うらじゃ